シミウスは20代でも・・・

 

健康なお肌に必要な水分量

 

角質に20%?30%の水分が含まれた状態が、健康なお肌の水分量となっています。

 

水分量が減少する原因は色々あります。

 

内的要因としては、洗顔のしすぎや加齢によるお肌の変化で「水分を抱えこむ成分」が減ることによって水分量が減少していまうことが大きな原因です。

 

外的要因としては、湿度が50%を切ることによってお肌の水分が蒸発して、水分量が急激に下がることです。

 

湿度は冬場に下がるイメージがありますが、夏場でもエアコンの影響でお肌の水分量が足りていない場合もあります。

 

お肌の乾燥によってターンオーバーが遅れてしまい、毛穴の開きや小じわなどのお肌トラブルの原因となります。

 

シミに関しては、ターンオーバーの時にシミも古い角質と一緒に落ちるため、ターンオーバーが遅れてしまうとシミが剥がれ落ちることはなく、お肌に残って濃く大きくなります。

 

さらに、乾燥したお肌は紫外線の影響を受けやすくなります。

 

そのためシミをより早く薄くし、新しいシミを作らないためにも、お肌は常に潤っている必要があります。

 

冒頭で20?30%が健康的なお肌に必要な水分量だと伝えましたが、実は40?50%が理想的なお肌に必要な水分量だと言われています。

 

シミを排出・予防するためには「健康な水分量」ではなく「理想的な水分量」を心がけ保湿をしましょう。

 

 

オールインワンジェルの落とし穴

 

手軽にお手入れができて、1つで何役もこなしてくれる、忙しい女性に嬉しいオールインワンジェル。

 

でもオールインワンジェルってお肌が乾燥する、という声も多く聞かれます。

 

それはいったいなぜなのでしょうか?乾燥のポイントは水分です。

 

一般的に化粧水でお肌に水分を浸透させ、それを油分の多いクリームで蓋をし、浸透した水分が蒸発しないようにします。

 

しかし、オールインワンジェルには、化粧水も乳液もクリームも全部一緒に入っています。

 

そのため、水分が肌にしっかりと浸透する前に、油分が蓋をしてしまい、肌が潤わずに乾燥してしまうんです。

 

一方で、同じオールインワンジェルでありながら、「潤う・乾燥しない」という口コミの多いシミウス ホワイトニングリフトケアジェルは何が違うのでしょうか?それには2つの違いがあるようです。

 

1つは配合される成分の違いです。

 

シミウスのジェルには、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「プラセンタエキス」「シコンエキス」など保湿・潤い成分がたくさん含まれていて、乾燥を防いでくれます。

 

もう1つは、マッサージもできるジェルだということ。

 

マッサージによって、お肌の血行が良くなります。

 

実は血行がよくなると、保湿や潤い成分がより浸透しやすくなるんです!つまりこのマッサージが通常のオールインワンジェルの落とし穴である乾燥を補ってくれるというわけなんです。

 

オールインワンジェルがいいけど、乾燥が気になる・・・という方にはシミウスのジェルはおすすめですね。

 

 

手の甲も一緒にマッサージしましょう!

 

身体のどの部位に年齢を感じるのか調査した結果、1番多かった答えが手の甲、2番目に多かった答えが首、そして3番目に多かった答えが髪の毛でした。

 

答えに顔がないところは少し意外ですが、きっと顔の手入れはちゃんとしているからでしょう。

 

また、メイクをすることで、顔は若く見せることができますよね。

 

でも、手の甲にメイクをすることはないし、髪に触れるときに顔との肌の違いが目立つので、年齢を感じやすいようです。

 

手の甲は太陽や水にさらされることが多いので、顔より肌の状態が悪くなるのは当たり前かもしれませんね。

 

顔の手入れはしっかりしているので、ほとんど手入れをしていない手の甲との肌の違いで、老けて見えるのはちょっと残念です。

 

なので、顔のマッサージをシミウスジェルでするときに、手の甲も一緒にマッサージしましょう。

 

私の手の甲は、小さいシミがいくつかあり、乾燥しています。

 

朝は忙しいので、顔のマッサージの後に、手に残ったジェルを手の甲に付けます。

 

夜は朝より時間に余裕があるので、顔のマッサージをしたら、ジェルを足して手の甲にマッサージをします。

 

シミが薄くなるには時間が必要ですが、乾燥はアッというまに落ち着き、しっとりとしています。

 

手の甲を手入れすることで、顔との肌の違いが少なくなってきたようです。

 

 

化粧水も一緒に使うべき?

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルはこれ1つで化粧水乳液美容液マッサージジェル パック化粧下地 など10役もこなすオールインワンジェルです! なら化粧水を使う必要はないってこと? しかし、シミウスジェルを販売しているメビウス製薬さんは化粧水も販売しているんです。

 

つまり、シリウスジェルだけでは不十分ってことなのでしょうか? じつは、化粧水が必要な人もいます。

 

シミウスジェルはシミケアを目的とした商品です。

 

お肌が乾燥している事はシミの原因になってしまいます。

 

なのでシミウスジェルには「美白効果」の他に「保湿成分」もしっかひと配合されています。

 

なのでこのジェルひとつで十分。

 

と、言いたいところですが、お肌の乾燥具合は人それぞれ。

 

口コミなどを見ても、シミウスジェルひとつだけでは不十分に感じる方もいらっしゃいます。

 

お肌は「水分を与えれば潤う」、という訳ではなく「お肌の水分を保持する成分」が水分を守ってくれるという事が大切なのです。

 

つまり「お肌の水分を保持する成分」が少ないお肌はいくら水分を与えても、すぐに乾燥しやすい肌に戻ってしまうんです。

 

シミウスジェルだけではなかなか潤わない方は「水分を保持する成分」が不足しているのかもしません。

 

ですからセラミドなどの「水分を保持する成分」のたくさん入った化粧水を使って水分を保つ状態にした後に。

 

シミウスジェルを使うことで十分な保湿ができるでしょう。

 

ちなみにメビウス製薬さんが販売している「モイスチャーローション」はこの「水分を保持する成分」がたくさん配合されている化粧水なのでおすすめです。

 

是非ご利用ください。

 

 

焦らずもう少し続けてみて

 

シミウスを使っていると、効果がないどころがシミが濃くなっているという問い合わせがあるようです。

 

確かに使い始めはシミが濃くなっているような気がします。

 

でももう少し使い続けてみてください。

 

肌の細胞は日々生まれ変わっています。

 

シミが濃くなっているように思えるのは、その肌細胞が生まれ変わる過程で、肌の下の方ににあったシミ予備軍が下の方から表面に上がってくるからです。

 

それはマッサージによる肌細胞の活性化の証拠ともいえます。

 

どんな化粧品でも肌の奥の奥までその成分が届くことはありません。

 

長年かけてシミ予備軍となってしまった細胞まで成分を届けることはできません。

 

肌のターンオーバーを早め、古い細胞をできるだけ早めに新しいものと交代させることで、シミが少しずつ薄くなっていきます。

 

ですから、”シミウスを使うとシミが濃くなってきた”と早急な判断をせず、もう少し長い目で見ながらお肌がすっかり生まれ変わるの待ってください。

 

美白に焦りは禁物です。

 

ゆっくり自分のお肌と付き合っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ